2006釣行

第23話 九州へ向けて

Am06 正月は帰れそうに無いくらい溜まっていた仕事をなんとかこなし30日夕方常に屋根に載っているPF13を降ろし以前使っていたポケボー(天僧丸2)をトレーラーに載せ西へGO!片道たかが1230km毎年1回は通る道!と気合をいれ午後7時東京を出発。心配した渋滞もなく午前0時過ぎに大津SAに着き就寝。0時以降は運転はしないと決めている為だ。少々焦って走っても居眠り運転で事故っても仕方が無い。というよりETC深夜割引を有効に使い明るい時に走ったほうが疲れも無く生活のリズムも狂わない。早朝、目覚めたあと”トレーラー引っ張ると燃費悪いなぁ..”. と思いつつ再び西へ向かって走りはじめる。このまま順調に行けば午後4時には長崎に着くかな?ただ走行中気になるのが、普段カートップの時はかなり目立っているのは感じていたがトレーラーの時はさらに親子連れの車が指さして抜いていくのがちょっと恥ずかしい・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第22話 アマダイ平塚沖

Pf13_0041 先日の夜 PF13の船名のロゴをNEWタイプに張替え 久しぶりにアマダイの興津干しを食べたくなったのでアマダイ狙いでHFから出航。が 朝寝坊で着いた時は各艇出航するところ。急いで準備しポイントへ目指す。昨日の強風はやんでいたが北風がやや冷たくこれから辛い時期になるなぁと思いつつ アタリが。が掛かったのはサバ。全くあたりの無いままお昼に。

Pf13_0071

ポイントを変えつつ6~7回ボートを流したが小ぶりなカンゾウヒラメが1匹・・・  寂しく・サブイ釣果で終わったが2週間ぶりに浮かぶ海はいいもんですわ~!Pf13_0261

帰り際 HFの駐車場で記念撮影。

最近釣果の写真より 記念撮影の方が多くなってきているような気が・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第21話 ミニボートフェスティバル涸沼湖

_003_2 通常日曜日以外はすべて仕事がある私だが茨城の涸沼で開催されるミニボートフェスティバル2006に参加するため 土曜日と日曜日を振り替えて休みをとり茨城へ向かった。多分参加艇はPF13が多いだろうと見越し しばらくのっていなかった改良型ポケボーをトレーラーで引っ張って参加。

10時他のボートオーナーと出発。先頭の2馬力ボートのペースで涸沼をクルージング。最初は寒かったが時間と共に暖かくなってきて また他のミニボートと集団で走ったことが無かったので楽しくのんびりとした気分に・・・  画像はおなじみのNonoさん部隊。

お昼には涸沼産のシジミ汁を頂き後はお待ちかねのじゃんけん大会。今回のイベントの目玉は4スト2馬力の船外機をじゃんけんでの争奪戦。日ごろボートで気の抜けた釣りをしているが こういうときはなぜか気合が入るがこれまで勝ったことがない。

_005_5 ところがなんと船外機をGETしてしまった。今まで4ストの船外機を買ったことが無く また今日のイベントでは釣りをする機会がなく じゃんけんで軽く10kgオーバーの大物GETできて正直嬉しい!

「まてよ!この船外機をつけるボートがない」今使っているPF13は補機を付けれるようにはしていないし、ポケボーも5馬力から2馬力に変える理由が見つからない。どうしよう困った・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第20話 小網代沖

_001_4 今日は天候が午後から荒れはじめる予報だったが 先週お休みした分行くだけ行ってみるかと思いカワハギ狙いで最近ご無沙汰の和田長浜へ向かった。現地へ着くと波は全く無く風も穏やかだったので定番の小網代沖へ直行。 が、三戸付近より波立ちはじめ目的地20m付近では1m前後の波が北より連発でやってくる。何とか糸を垂らす小波の連発でアタリがとれない状態。そのうち雨と強て冷たい北風も吹き始め片手に竿・もう片手に船外機のハンドルで釣りにならない。仕方なくカワハギを諦め比較的波風穏やかな超浅場に移動。雑魚ならこれで十分とにカワハギの仕掛けそのままにアミをつけ投入。すぐにお決まりのベラのノックがあった。その後 中カサゴと30cmくらいのペアのホウボウが掛かったが前回のよりはやや小ぶりなのと、二本針に一緒に掛かる位 中がよさそうなペアだったので可愛そうになりホウボウは写真だけ撮ってリリースし早くも11時に沖上がり。

_003_1 帰り道 金田湾の様子を見ようと抜け道を通ると 畑の真ん中に大根を干してあり冬本番がもう間近なのを感じた。防寒対策を強化せねば・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第19話 マダイ西伊豆

2週連続の西伊豆マダイ狙いで釣行した。先週に引き続き海況は凪で苦労することなく砂浜より出航。50~65m付近へ向かい一投目からゴマサバヒット。いや~な予感が・・・ しかし2投目には自己記録更新になる37cmのホウボウがかかり気分も上々! その後イトヨリ連発・チャリコ連発(15匹)・カイワリ・ヒラソーダ・アジと多種にわたり釣ることができた。複数釣れた物は一番大きい物を1匹ずつ残し 後はリリース。今日の釣行の本命は2kg以上のマダイであったが、 まっ いいか!

_005_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18話 マダイ西伊豆

_007 先週の定例釣り大会では惨敗だったので気を取り直して土曜日の深夜より西伊豆に向けて車を走らせた。予報通りに海況はよく 気温もそこそこで絶好の釣り日和。約2年ぶりにマダイ狙いでの出船。今日は他のミニボートも見当たらず 地元の小船・沖の釣船のみで珍しく水上バイクもいない。午前中50~70m付近で大物入れ食いとは行かないが チャリコが入れ食い状態。糸を垂らしてワン・ツー・スリーであたる状態が午後1時頃まで続いた。サイズも25~30cmクラスでそこそこ引きが楽しめた。途中大物が何度か掛かったがハリス切れで結局マダイはチャリコで終わった。午後にはチャリコ邪魔だなぁ~と思っていた頃カイワリがかかり 早速カイワリ狙いに変更・・・がその後はタマガシラ数匹・・・

_012_2 お土産はカイワリ・タマガシラ・エサ用のゴマサバ、不本意にも針を飲み込んだチャリコを4匹。

これが先週だったら間違いなく入賞したかな?

_010 沖上がり後 風景をバックに記念写真 ん?三脚忘れた!仕方なく愛艇のみで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第17話 平塚沖

実に一ヶ月以上ぶりの釣行は釣り大会。いちばん得意なカワハギ狙いで平塚よりエボシ岩へ向けて出航。_003

釣り糸を垂れているときに気が付いた。しまったお茶と弁当を車に忘れた。仕方なく一度港に戻り気を取り直して大磯の定置網付近へ移動。全くあたり無くまたエボシ岩へ移動。途中沖の方に釣り大会の参加者のアカムツ船団を横目に見ながら滑走。が時すでに遅し。お昼頃はちょうど潮どまり。掛かるのはベラ・フグの外道たち。たまにジャンボキスが掛かるも今はキスは禁猟期。2時頃まで粘ったがカワハギの姿見ないまま終わってしまった。 _00111_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第16話 東伊豆沖

M2_007_1 数日前の悪天候が嘘みたいに静かになった東伊豆伊東沖へ凝りもせずイシダイ狙いで早朝より出航。当初は和田長浜海岸より出ようかと思っていたが ネットの天気予報と自分の勘で伊東に変更したのが正解だった。ウネリ・波無く絶好のコンディション。

まず実績のある手石島付近へ向かったが潮流早く突風も時より吹いていたのでアンカリング。一時間後イシダイのアタリが。が やり取りして姿が見えたときハリスがプッツン。なんとケプラーの仕掛けを食いちぎってハイサヨナラ!逃がした魚はでかかったなぁと思いつつ久しぶりのイシダイだったのに。その後アタリ無く掛かるのはベラやウマズラの外道たち。

画像は伊東沖より大室山を望む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15話 南房総

M2_002 先週の西伊豆に引き続き今週は南房総へ足を延ばし洲崎沖へ出航の予定だったが近づきつつある台風のうねりが入ってきているため断念。洲崎付近の石鯛をあきらめ急きょ館山市街に戻りタックルをマダイ五目に変え館山湾へ出航。水深40m付近へ向かう途中 20m付近より南西のうねり・波が強くなり始め浅場へ移動。15m付近で反応があり糸を垂らすと25cm前後のショウサイフグの猛攻にあい撃沈。ただその中にもアジがポツリポツリとかかり始め10匹ほどつれた頃 東から強風が吹き始め 後ろからうねり・前から強風と波 ボートコントロールが難しくなり午後1時に沖上がり。まだまだ切れ味バツグンのPF13のコントロールがうまくいっていない。

M2_007 なんだか今年は石鯛狙うのを出遅れたせいか 顔を見ないままシーズンを終わりそうなそんな気配が・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第14話 西伊豆

M2_016 先週 進水式をした新艇パーフェクター13をつれて西伊豆へ石鯛狙いで出航。船釣りでも石鯛専門の釣船は最近少なくなったがミニボートで石鯛を狙うのも他にはあまりいないでしょう。と言うよりマダイ狙いの外道でたまにかかるが・・・・

今週は夏には珍しく全国的にベタ凪 当然西伊豆もベタ凪。こう言う日は狙ったものが釣れたためしがない。浅場の根回り中心にしぶとく攻めるが案の定石鯛の気配すら感じないまま昼近くに。

釣れないならPF13でクルージングとシャレこみますかとばかりに堂ヶ島付近から雲見あたりまで走り回って西伊豆の景観の美しさとPF13の素晴らしさを堪能。M2_008_1 と同時にこのボートすごいなぁ~ まるでカミソリのような切れ味がある。いい買い物をした!とホクホクした気分になった。

帰り際 魚探に大きな群れの反応があったので糸を垂らすと アジ・シマイサキ・マイワシが入れ食いになったが みんな手のひらサイズなのですべてリリース。結局今日はお土産なしの釣行に終わったが またくるかぁ~!

おまけの外道M2_011_1 (コガネスズメダイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)