2010釣行

第145話 納竿釣行 外房

つまり我々とって重要なのは、海況悪化で早揚がりした後、ボートを片づけゆっくりラーメンを食するか?それとも先に冷えた体をラーメンで温まってのんびり片付けするか?

まぁもっとも前者の場合、当然ラーメンで温まった後間違いなく帰っちゃうんぢゃが、後者の場合、ラーメンを食べている間に海況が良くなったら即、再出港できちゃうんだよにぃ・・・

A13_2

そうこう議論している間にナベの湯が沸いたんで取りあえずラーメンをすすりながら今年の釣行を振り返って盛り上がるんぢゃが、ふと沖を見ればだんだん海況が良くなってきているではないか!!

むろんこの顔ぶれは前者であろうが後者であろうがドラマッチックな展開を期待して再出港するんだけどにぃ

                  ┐(´д`)┌ヤレヤレ

*釣行時には海況の変化に気をつけて安全釣行で (^_^)v *

| | コメント (0)

第144話 三浦

A9

一応釣りの準備をしてT氏と共に金田湾のカレイを狙いに向かったんぢゃが、向かう途中でムリっぽい感じの強風が吹いてたんで進路変更、こんな時は三崎港朝市をぶらっとするに限るね!

A18

さほど寒くない気温ぢゃったが”マグロかき揚げソバ”で温まり目の前の荒れた三崎港内を見ながら「今日の出船はやっぱムリだったね」と確認しあい 朝市会場内をぶらぶら物色する

まぁ普通は「美味しそう!とか「新鮮だねぇ」とか語るものぢゃが、釣人の我々は 「コノ魚、こんな高価だよ!」 とか 「以前釣ったアノ魚、値段みてショック・・・」 とか勝手なこと連発し会場を3周もしたのであった

ただこれで帰宅するのはもったいないので港内のベイトを観察したり近場の磯周りでアジングに没頭したり・・・

A25 そして帰り際 「せっかくだから出船予定だった金田湾方面を廻っていこう」 と向かえば、なんとそこには”凪の海”が広がっていたのであった・・・ 

          (・_・)アレッ....?

*釣行時には天候や海況の変化に気をつけましょう!!*

| | コメント (0)

第143話 ハギマスター2010

A12

正直、第40位の”飛賞”をもらい毎度の事ながら沢山の副賞をGETできたのはうれしいが、思い起こせばすべてのミスはここから始まった・・・

”リビエラカップ ハギマスター2010”参戦のため某所にあつまったK氏・T氏・N氏そして自分の”HiFiMBC”カートッパー4人衆

作戦会議でギリギリまで悩んで入賞サイズがイマイチ望めないのを感じつつも相模湾側で釣ることにしたのが最初のミス

A3_2

実績”ポイントT”で数枚釣れたが、ここは”ツリック師匠釣法”でないとまったく釣れないポイント!・・・K氏はなかなか釣ることが出来なく 諦めモードにさせたのが2つ目のミス

A2そして期待がもてるポイントに移動しようとするとN氏が目の前でBIGサイズを釣りあげ、ココロが揺れなかなか移動できなかったのが3つ目のミス

残り30分で最初に攻めるはずだった自分の”極秘ポイントX”で良型数枚が連続ヒットしやっとK氏は本気モードに突入した瞬間、ストップフィッシングになってしまったのが4つ目のミス   

そして最大のミスは出船前アツアツに沸かしておいた”カプチーノ”でなんと”舌”を火傷してしまった事である・・・  (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

                            おわり 

| | コメント (4)

第142話 小物五目 三浦沖

A1_3

まったく、出港準備中こんなに認識旗がバタついているときは沖合は荒れていると言うのに 深場釣りのつもりで海に来てしまうとは・・・

風が収まる予報を期待したんぢゃがまったく収まりそうに無いんだよねぇ・・・今日はT氏を乗せての1艇釣行だったんで万が一の安全を考え岸沿いの”小物五目釣り”を楽しんだ

A2 お互いの持ちエサ”サバの短冊”と”ホタルイカ”を使ってみたが”カサゴ””メバル””カワハギ”等々・・意外と釣れるんで「結局、エサって別に何でもいいぢゃん!」という結果になったのであった          (^-^)

*釣行時には目立つように旗を高く掲げ安全釣行で*

| | コメント (2)

第141話 カワハギ 三浦沖

A5

このところ好調の深場釣りの準備をして三浦にやってきたが沖合は波立っている感じ

僚船”おさかなくん”には子供を2人乗せているのでここは安全を考え浅場のターゲットに変更したんぢゃが、持ち合わせのエサは深場用でカワハギ仕掛けも持ってきていない

こう言うときは持ち合わせの仕掛けを応用してエサはイカの短冊を細かく切って 仕掛けはアジ用サビキで・・・こだわりを持ち合わせていない自分はこんなテキトーな仕掛けで”メガハギ”を狙ったのであった  

           ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

A3

A4

釣行時には目立つように旗を高く掲げ安全釣行で!

| | コメント (3)

第140話 HiFiMBC「秋の定例釣り大会&海上ごみ拾い」

A3_2

平塚沖観測塔は係留禁止です

平塚フィッシャリーナから出船する多くのミニボートや 海を利用する船舶等はココで収集された海洋データーをインターネット等で閲覧し情報を得ています。これからも正確な情報を得るためにも、ロープ等で観測塔への係留や至近距離でのアンカリングはしないようにお願いします。

A1_3

ちゅう訳で”HiFiMBC秋の「定例釣り大会&海上ごみ拾い」”に参加

このイベントの趣旨はメインターゲットを狙いつつも、日頃あまり出番のないタモでゴミを拾い集め、いつも楽しんでいる海を少しでもクリーンにしましょう!ということぢゃが自分の場合、当然!入賞の圏外であるので終始ゴミ拾いに勤しむのであった (^_^)v

A4

| | コメント (3)

第139話 予告ハギマスター2010

A1_2

リビエラカップ ハギマスター2010

の案内が送られてきた

出ようか出まいか迷っているソコのアナタ!・・・参戦しなさい

カワハギのキモがとても好きなソコのアナタ!・・・参戦しなさい

この案内が送られてきたソコのアナタ!・・・義務的に参戦したまえ

まっ!強制はしませんけど

    

|

第138話 イイダコスッテ 長浜沖

A2

T氏と共にシーズンインしているはずの”イイダコ”捕獲大作戦のため金田湾にやって来た!予定ではサックリ2時間くらいで”イイダコ”大漁してお昼に浜で旬の味をいただこうという作戦ぢゃ!

やっぱ潮風に吹かれながらイイダコをフライパンで焼いて仕上げにしょう油をちょとかけて・・・想像しただけでたまりません。ところがぢゃよ昨日の台風の影響が残っててとても出船できそうにない。夢が大きいだけにココロはポッキリと折れてしまうんぢゃ・・・

A1_3

癒されようと10時頃場所を変えショットガンで長浜沖へ浮かぶことになったんぢゃが、これがサッパリアタリがないんぢゃよ・・・ココは1つ他力本願でコマセを使っている知人のボート脇でサビキを降ろすと一発でアタリがくるんだなぁ・・・さすがコマセパワー!ちょっと”折れたココロ”を癒された吾輩らであった

さらに”ハギマスター2010”のため、カワハギポイントを探索するのであった

A3

”くもじい”目線ぢゃと、

上空から見た”ソーダガツオ”と”カサゴ”はこんな感じかなぁ? (@_@)

                            

| | コメント (3)

第137話 一つテンヤ 伊豆

A7

「ドラマを起こす!」実績もないのに そんな大胆不敵魂胆で伊豆の海へやってきたのぢゃが・・・吾輩は通算2度目となる一つテンヤ釣法で”友恵丸”さんと ”おさかなくん”さんとマダイを狙った。

ここはじっくり一つテンヤの第一人者O氏の釣法を横目で盗み見しながら吾輩が大ダイを釣ってしまおうと企んでいざ始めてみれば、竿先に集中するあまり観察する機会が全くないのぢゃ

ダラダラと日中のまったり時間に突入したんで、残り少ないエサを温存するためサビキをシャクったり、時より沸き上がるナブラにルアーを投げてみたり、写真撮ったりと時間をつぶすのであった。

そして”夕まずめ”ついに・・・ついにドラマが起こった!!

A6_2

           となりの船に・・・・

うらやましい視線で見つめる自分とO氏であった

よぉぉぉし!来週は本命釣るぞぉ !(^^)!

A8

おまけの画像

この日、船長交代したのであった

| | コメント (2)

第136話 ミニボートフェスティバル2010木更津出島大会

A3

「ハゼ?・・・」、「なぜ?・・・」

そんな感じでまったくテンション低いT氏とK氏と共に”ミニボートフェスティバル2010木更津出島大会”に参加した。いわゆるミニボートの”おまつり”ぢゃ

当然、ポイントなんてまったく下調べしてないんで友恵丸さんの至近距離で釣りはじめるも、やっぱり4人集まれば爆笑トークで盛り上がる

「おや?いいアタリ」っと思えばT氏と”おまつり”し、よくよく見ればもう1つNonoさんの仕掛までも・・・ポイント奪い合いの3人”おまつり”でさらに大爆笑の”カートッパー4人衆”であった

A2

A1

成績は、自分は5位・K氏は4位・T氏は外道賞でそれぞれ賞品GETしたのであった

     (^-^)

| | コメント (2)