« 第29話 平塚沖 | トップページ | 第31話 アマダイ平塚沖 »

第30話 平塚沖

Ama2007_009_1 久々の土曜日釣行だと言うのに・・新しい電動リールを用意していると言うのに・・ 朝寝坊して凝りもせずまた平塚フィッシャリーナへアマダイ狙いで行ってしまった。準備し始めると間もなくO氏達も遅い出勤の様子。”たまにはのんびり出航もいいか”と先週のポイント実績ポイントへ直行。風も無く波も無くのんびりとしたいい天気に釣りができ最高だなぁ~と思いつつもアタリはさっぱり。

時々ヒメコダイ・カンゾウビラメ掛かるも本命はまったく反応なし。ちょっとエンジンがカブリ気味になってきたので同じく遅出のO氏のいるちょっと遠いアコウポイントまでエンジン全開で様子を伺いに行ってもそちらも苦戦の様子。今日は深場のタックルはあるが魚探の調子が悪くあえなく60m付近へ戻る。

Ama2007_010

その後34cmのオニ(伊豆)カサゴを釣ったが 外道たちばかり釣れてくる始末。午後風が南に変わり2時頃から波ウネリ強くなり始め3時半に沖揚り。まだまだ本命には縁のない釣行が続く・・・

|

« 第29話 平塚沖 | トップページ | 第31話 アマダイ平塚沖 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95632/5193563

この記事へのトラックバック一覧です: 第30話 平塚沖:

» 残波岬 [沖縄観光データバンク]
読谷村に北端ある残波岬は、高さ約30mの断崖が約2kmにわたり続いています。 1945年米軍は残波岬を目印に読谷海岸に上陸した歴史もあります。また、磯釣りやダイビングのポイントとしても有名なスポットです。 海の青に白い灯台、そして東シナ海に沈む夕日は、特筆です。 ただし崖に近づくと転落の危険がありますので注意してください。 灯台は150円で登ることができます。急な階段で結構大変ですが、登ると素晴�... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 午前 12時02分

« 第29話 平塚沖 | トップページ | 第31話 アマダイ平塚沖 »