« 第24話 松浦沖 | トップページ | 第26話 カーフェリー »

第25話 シロギス大村湾

Am04_1 昨日に引き続き今日も風があり外海はやめにして実家から約10分ほどの大村湾の某海水浴場からシロキス狙いで正午に出船した。閑散とした浜はちょっと寂しかったがミニボートにはいい海である。まずは無人島の瀬戸ノ島へ上陸し記念撮影。

水深10m前後でポツポツシロギスがかかり昨日のエサが残っていたため五目狙いで25m付近へ移動したがちょっと風が強くなってきたので浅場の回天発射実験場跡地付近へ移動。

Am08_1 しかしトラフグのエサ取りに邪魔されシロギスの当たり無く 時より突風が吹き始め 実家の裏山が見える海で遭難しては恥ずかしいので午後3時に沖上がり。

Am05 今日は大分よりフェリーで東京へ帰らなくてはならないので急いでキスを料理せねば!

|

« 第24話 松浦沖 | トップページ | 第26話 カーフェリー »

コメント

懐かしい記憶がよみがえりますねー!
長崎県の海岸線の総延長は日本一ですからゲレンデは多いはずなのですが、ミニボート人口は少ないですもんねその分、スロープさえ見つければ何とかなりますよね。

投稿: 飛竜丸 | 2007年1月 8日 (月) 午前 10時16分

コメント有難うございます。まずカートップは見ませんね。トレーラーでボートを引っ張っていて目立ち度100%でした。さらに海の上ではミニボートは全く見ません。でも逆にミニボート釣りの開拓は面白そうです。幸いにも私の兄弟は皆 船舶免許を持っているのでこれから少しずつ開拓してくれると思います。

投稿: 天僧丸 | 2007年1月 8日 (月) 午後 06時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95632/4799949

この記事へのトラックバック一覧です: 第25話 シロギス大村湾:

« 第24話 松浦沖 | トップページ | 第26話 カーフェリー »